ヨガインストラクターの出産 妊婦生活

ヨガインストラクターの出産レポ、呼吸法で快適出産?

こんにちは、Miuです。

前回の記事の続き、ついに出産レポをご紹介!


目指す出産は?

とはいえまずは、どんな出産にしたいか、
プチバースプランのご紹介。
コロナでバースプランは書かせてもらえなかったから、
自分の中でここだけはっていうのを。


自分がヨガインストラクターであると自負してるだけあって
やっぱり快適に落ち着いて痛みなく出産を目指してた。
周りには「呼吸とかうまそうだもんね〜」とやたらと
プレッシャーかけられたな(笑)

そこで練習してたのがソフロロジー呼吸法。
赤ちゃんにもママの体にも負担がない自然な出産方法。
陣痛やら分娩中やら、
その時のステージに合わせて呼吸法が変わる。
産院では腹式呼吸をおすすめしてて、
ソフロロジーと似てたからちょうどよかった。
会陰切開を極力しないっていうの方針もソフロロジーと同じで
家から近い(徒歩10分)で選んだのにぴったりな産院だったな。
赤ちゃんも頑張ってるから二人で力を合わせて
落ち着いた出産がしたいと思ってた! 


この後の出産レポと見比べてみてね。
希望は叶うか否か…



いよいよ出産!

MIU
いよいよきたよ~。本当に待ちわびた…


おれは家で連絡待つしかできないからさらにドキドキ。

真っ先に差し入れ頼んできたところはみうらしかったね。

TAKA
MIU
唯一差し入れOKされたからさ(笑)でもその選択が後に…


5/22
41w0d
0:30
足高くしとかないと、とかいろいろ考えすぎて起きてしまう。
そっから、起きて寝てを繰り返し、

2:00
痛みに気づく。
まだ呼吸も意識しなくていいし、10分間隔ぐらい。

3:30
寝ていたら骨盤が急にガコンって揺れた。
すごい衝撃でびっくり、おそらく赤ちゃんが骨盤にはまった?
え?赤ちゃん生きてる?って不安になったけど
胎動で動き確認。ここから痛みが急に増す。

4:00
呼吸を意識しないと耐えれないぐらいの痛さ。
よし、これ本陣痛!と思って、
旦那に電話。来れないけど一応起きてて(笑)
ナースコールして、NST開始。
赤ちゃん頑張ってる〜と思いながら陣痛に耐える。
中々痛くなってきた。本陣痛決定を言い渡され、ハッピー!

5:00
食事管理のためお腹撃減り。
7:00から差し入れOKだったから、
元気なうちはチョコとか肉まんとか言ってたけど
段々しんどくなって脂もんは除いて、
おにぎりとウィダーとお水をお願いした。
おにぎり食べて、

7:30
朝ごはん到着。ロールサンドだけ食べる。
(毎回楽しみにしてたから残したのは初めて)
診察時間まで陣痛に耐える。
ダフネの曲流して、ベッドに横たわってたら既に5分間隔だけど合間に寝れた。
この時1番リラックスできたし、
体力回復できた👍ダフネ様様✨
すでに立ち上がると肛門が痛くなってきてて、
赤ちゃん降りてきてるかも?と期待大。

8:30
診察。子宮口5,6センチと言われ、これなら早く産めそう!と希望をもつ。

9:00
産後は個室なので部屋移動。分娩着にきがえる。

9:15
陣痛室でNST。
何回も練習した呼吸法が役に立って、陣痛室では声出さず、
落ち着いて過ごせた👍
「子宮口は豆腐」と謎の暗示をかけて、力まず過ごす。(笑)
仙骨がガンガンに痛くても、
よく出産レポにある助産師さんの神技マッサージとかは
全くなく、1人で耐えた。静かにしてたからかな?
ただ痛いだけだったらむりだけど、赤ちゃんも頑張ってる!って思って
大丈夫、大丈夫って言いながらお腹ポンポンすると痛みが和らいだ。
そのおかげもあって子宮口8cm。
早いね〜ってほめられ、テンション上がる。
朝に「今日中に産めそうだね〜」って言われ、
え、午前中じゃないの??と絶望を感じてたので余計に嬉しかった。
前の人の経産婦さんのお産が一瞬で終わり、分娩室に入ることに。



11:00
分娩室入室。点滴とかいろいろ用意してもらう。
この時は全然汗かいてなくて、まだまだ余裕だった。

11:20
陣痛に合わせて子宮口を広げて貰う。これが結構辛い。
やめたくなる痛さ。
でもまだ声はでてない、乗り切れる!と思った。

11:30
子宮口全開、いよいよお産。
産道が狭い割に赤ちゃんの頭が大きくて、中々入り口まで降りてこない。
私の尾骨が引っかかるらしい、
尾骨折れればとか怖いこと言ってたけど(笑)
体重プラス何kgか何人かに聞かれ、
8というとみんな黙る。入院してよかった(笑)
とりあえず先生に相談。お股切るか、吸引するか、
先生「そのまま自然にいこう」と返事。
ここで切ってれば苦しまなかったのに😭
この後の時間が壮絶。赤ちゃん出てこれない、
私腹圧弱くなる、声出ちゃう。
呼吸してって言われるけど声が出るから、
力が弱くなっちゃうらしい。
2人がかりでお腹を押してもらう、これがまじで苦しくてさらに声が出る。
ということで、息止めて力むことに。
押すのはいいが、吐いてから吸うの時間が短すぎて呼吸できない。
タイミング見てくれ😭
2回までは耐えれるけど、3回目はもう力絶え絶え…
お腹圧迫されて、吐きそうになる。
朝のおにぎりとロールサンド食べたのを後悔(笑)
陣痛の合間も呼吸乱れてたから、酸素つけてもらう。
もう落ち着きとかどこにもない(笑)
いつ終わる?本当に赤ちゃん出る?って
疑問になってきて、一瞬飛びかけたときにいっそ気絶して終えたいと思う。
ちょっと休憩してたいから、陣痛きても声出さずに黙ってたりもした(笑)
しかしこんなことしても終わらん!と思い、次の陣痛へ。
陣痛の合間に終わったらたくさん寝よ〜とか、
あやみが声出るって言ってたのはこういうことか〜とか、
冷静な自分もいた。

12:15
やっぱり難しいから切ってもらおうってことで、
先生を呼ぶことに。
先生、自宅ですって言われた時は絶望感じたけど、
1分くらいでやってきた。家近いのか。(笑)
局所麻酔をしてもらい、陣痛と共にお股3箇所切ってもらう。
その時は出ず、次の陣痛で
先生「呼吸させて、呼吸みながら合わせて!」
と言ってくれて、神かと思った。

12:30
お股裂ける!(もう裂けてるけど)と思ったら、出てきた〜👶
最初見たときの感想は「頭尖ってる!」だった。
吸引もしたから尖ったららしい、ごめんよ〜
そしてちょっと紫色だったから、
呼吸できなかったことごめんよ〜って思った😭
手足も長くて、大きくて、すぐ泣いてくれたから一安心。
終わった安堵感で放心状態。
先生の縫合の手際の良さに感動。麻酔してくれたから痛くなかったよ。
胎盤出すときの方がちょっと辛かった。
もう痛いの嫌で心が拒否してるから、体が強張って力が抜けん。
抜いたら楽なことわかってるのに〜

13:00〜15:00
分娩台でお休み。血の出具合を見るために、なにもせずにいる。
途中ご飯食べたけど起き上がったらヘトヘトすぎて、びっくりした。
後陣痛が中々痛くて、悶々とする。
終わった後もしんどいんだなあ〜、でもさっきよりは全然まし。
この時間に助産師さんといろいろ話した。
骨盤の大きさに対して、赤ちゃんが大きかったこと。
もう少し時間かけてもよかったけど赤ちゃん心拍下がってきてたから吸引もしたこと。
血液検査的にはもう少しぐったりしてると思ったけど、
ムチムチボディがストレス緩和してくれたから元気だったこと。
大きいから時間かかったけど、大きいから元気だった。
結果オーライだ☺️ 予想外の呼吸の苦しさと、
陣痛に合わせて力むっていうのがしんどくて
全然リラックスしたお産にはならなかったな〜
次の子は3000g以内ならもっと楽に産めるね〜と言ってくれた。
予定日前になんとかして産みたいね(笑)

最初の健診は違う産院だったから、
入院中は看護師さん助産師さんどんな人だろうって
うかがってけど、お産を手伝ってくれた人達には感謝しかない。
その時はむりーっておもってたけどね(笑)
やっぱ食事は厳しいから、
差し入れは今日だけね!って言われたけど
明日からは主食も普通量だし、手作りおやつも食べれるから全く苦じゃない。
この産院にしてよかったなと思う。

今は後陣痛の痛みに耐えながら、
尿管カテーテルも入ってるから車椅子生活。
お股はやっぱ痛いよ(笑)
必死に力んだから顔には赤い斑点の内出血。
徐々に回復に向かっていくし、明日からの育児がとても楽しみ。
たかちゃんもとっても喜んでた☺️



『菅原 葉』元気な男の子。3372gでした。



まとめ

出産はお母さんと赤ちゃんの組み合わせで
全く違うものになるなあと実感。
分娩時より陣痛時の呼吸法をよく練習してたから
陣痛はうまく乗り越えられたのかも。
もとから腹圧かけるのは苦手だったから、
こんなに腹圧がいるって知ってたらもっと練習できたかな。

まあなにはともあれ、無事に産めてよかった。
葉くんも私もおつかれさま。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-ヨガインストラクターの出産, 妊婦生活
-, ,

Copyright© Meotoyoga , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.