エンタメ

今年の目標のひとつ『西野亮廣さん』に会うこと

西野亮廣

こんばんは!旦那のほうです。年末に「新世界」を読んで「西野亮廣さん」に感化されて、夫婦で西野亮廣エンタメ研究所に入りました。


新世界

西野さんは、これからはお金よりも信用を稼ぐ「貯信時代」を提唱されている。

貯金は機会損失、それよりも信用を稼ぐほうが良いという話で、時代は、貨幣経済から信用経済へ変わると西野さんは言っています。


「新世界」を読む直前に「小さな宇宙人アミ」という小説を読んでいて、
その本に書かれている国には「お金が必要ない」


地球に住む少年が宇宙人のアミに、その国がある星に連れてってもらうストーリー。


お金のない世界は皆が生き生きとしていて、自然環境も素晴らしい。


そして地球よりもはるかに優れた文明と科学技術をもっている。
その世界は「貨幣」という概念がない。あるのは「社会への奉仕」


社会からは全て奉仕という形で無料で物品、サービスを共有または受けとる。満たされた人々は自然と自らも社会へ奉仕するようになる世界


信用を換金するクラウドファンディングや、その信用を数値化するレターポットはその世界に近い。


アミの世界は愛を数値化して、愛より科学水準のほうが上がると自然は破壊され、人類は滅びに向かう、地球はその方向に向かっていると言う。


西野さんも「言葉が通貨になりうることを地球上のほとんどの人が知らない」と言っていました。


これだけ、化学水準があがり、物にあふれた世界で人々が見たされるのは通貨ではなく「社会貢献」で、感謝の言葉で人は動き、お金だけで動く時代ではなくなるということ。

まさに、そんな世界が近づいてきていて、西野さんはいち早く、その世界へ向けて行動している人。

俺は、まさに本のタイトル通り、西野さんは「新世界」へのファーストペンギンだと思った。


こんな考えを提唱している人に、実際に会ってみたいと思うようになり、「新世界」を読んだ後に、すぐに西野さんのオンラインサロンに入会した。


それから貯信時代の生き方を体感するために、様々なクラウドファンディングを応援したり、サロンメンバー以外も含め沢山の人に会うことをはじめた。


年末から2か月で、Facebookで50人以上サロンメンバーと繋がることができ、Twitterでも300人以上フォロワーが増えた。




そんな風に、西野さんに会ってみたいと思い、できることから行動していたら、どんどん西野さんの情報が入ってくるようになった。


その中でクラウドファンディングのひとつで「えんとつ町のプペルVRの関西プロジェクトメンバー」というリターンに支援した。


ちょうどアクロヨガのパフォーマンスの時期で、プロジェクト事態には、そこまで協力できているかというと、そうではないのだが、TwitterでプペルVRを紹介したりと自分のできることを続けていた。



そのプペルVRの関西プロジェクトメンバーの情報で、西野さんが梅田のVRZONEに来て一緒にプペルVRを見るというイベントの情報が入ってきた。


僕は速攻でチケットを購入し、西野さんに会えるチケットを手に入れた。


そして今日、ついに西野さんとプペルVRを見ることができ、集合写真にも映れた。

西野亮廣 プペルVR
プペルVR 西野亮廣

その後すぐに、西野さんは関係者室のようなところに入って、そのイベントは終了した。


さすがに話したり、写真撮ったりは難しいか。会うというよりは同じ空間にいれたという感じで目的は達成できたとは思えていなかった。



また次回、チャンスがあるさと自分に言い聞かせ。


会場でプペルVR関西プロジェクトメンバーの方と話をしていた。


しばらくすると、奥から西野さんが帰る支度をして出てきた。


次のチャンスがすぐにきた!

俺はここで行くしかない、「ためらうな動け、俺」と自分に問いかけ


西野さんに声をかけた。


そして、写真と新世界へのサインをお願いした。

西野さんは「いっすよ~」と気さくにそれに応じてくれた。



西野亮廣
何故かプペルの前でなく、隣のドラクエの前で写真をとってしまった(笑)
西野亮廣
人生に大きな影響を与えてくれた「新世界」に西野亮廣さんのサイン




年末から2か月半で今年の大きな目標のひとつを俺はクリアすることができたのだ。

最高の気分だった!


新世界」を読んで、とにかく考える前に行動し、行動しながら考えるように進んできて本当に良かったと思う。





「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる 習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」


俺の好きな言葉とおりに変わり始めている。



明日は、Lululemon心斎橋でアクロヨガの初のパフォーマンスに出る。


明日もやり尽くす!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Taka

Taka

アクロヨガ正式認定指導者です。 夫婦でアクロヨガをしています。アクロヨガレッスンやイベント参加等のご依頼はメールまたはSNSよりご連絡ください。

-エンタメ
-, , , ,

Copyright© Meotoyoga , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.