生活

「新型コロナウィルス」で収入減少する前に次の手を打つ

在宅ワーク9ヵ月目のTAKAです。コロナウィルスが流行する前の昨年8月に会社を辞めて自宅で仕事をしている。

運よく、会社に出勤する必要が無い仕事なので、コロナの感染リスクは低い状況だが、取引先の経営状況や市況で収入がゼロになる可能性が極めて高いのが悩み。

フリーランスはダイレクトに収入が無くなるからマジで困るわ(笑)

現在すでにいくつかの仕事がコロナの影響でキャンセルがでてきている。

幸い、それを補填できる仕事は取れているが、このままだと、いつ仕事が無くなってもおかしくない。

そんな中、政府・与党は大幅に収入が減ったフリーランスを含む個人事業主に最大100万円、中小企業に最大200万円を支給する方針を検討中とのこと。

正直、そうなってくれればありがたい。検討だけじゃなく是非実行してほしい。

とはいえ条件の[「大幅減少」がいかほどかわからないし、支給されるかもわからないものに期待して、支給されなかった時に、家族を養うことができなくなってしまうので、今は既存の仕事をしながら新規事業をはじめている。

実はフリーランスになった時に、やろうと思っていたことを既にいくつかピックアップしてまとめてある。

たまたま、事業開始時にピップアップしていたものが連続で当たっていたので、手をつけていなかったもの、あまり手をくわえていなかったもの、それらを優先順位を決めてトライしている。

始める事業の条件は3つ

  • コロナの影響をあまり受けない。
  • コロナの影響を受けづらい企業、または個人をターゲットにする。
  • PCとスマホで業務が完結する

現在の仕事もPCとスマホで完結する業務ですが、メイン案件がこの先コロナの影響を受けそうなので、早急に新ビジネスを軌道に載せないと、マジで政府の支援を受けるしか生き残る道はなくなってしまう。

事業が当たるかはまだわかりませんが、とにかく手数を打ちまくって当たりを引くまで頑張るしかない。

一番やりたい仕事のだった、アクロヨガを教えるということがしばらくできないのが本当に残念ですが悔やんでいても仕方ないので、今できることを全力で頑張ろうと思う。

僕の好きな言葉「生きてるだけで丸儲け」という、明石家さんまの座右の銘

この気持ちで、この窮地を乗り越えよう。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Taka

Taka

アクロヨガ正式認定指導者です。 夫婦でアクロヨガをしています。アクロヨガレッスンやイベント参加等のご依頼はメールまたはSNSよりご連絡ください。

-生活
-, , , , , ,

Copyright© Meotoyoga , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.