明日死ぬかもしれない。

明日死ぬかもしれない。

自分が明日死ぬかもしれないと思ったときに、僕は何をするのだろう。

そんなことを考えさせられる絵本を読んだ。

絵本のタイトルは

明日死ぬかもしれないから今お伝えします」 

下記ネタバレになるので気になる方は先に絵本をどうぞ



とある男性の前に死神が現れて、明日お前は死ぬと宣告される。

その男性は、死ぬ前に、普段伝えていなかった妻への沢山の感謝を涙ながらに1通の手紙にしたためた。

「いつもご飯を作ってくれてありがとう。

恋人になってくれてありがとう。

妻になてくれてありがとう。

父親にさせてくれてありがとう。」


死神は必ずその手紙を妻に渡すように伝え、男性の前から消えた。

家に帰った男性は、死神と約束通り、すぐに妻に手紙を渡した。

その手紙を読んだ、妻はポロポロと涙を流した。

手紙には明日死ぬという文章はなかったので、妻の涙は悲しみの涙ではなく、感動の涙で泣いていたのだと思う。

そして、その後は死神が男性の前に現れる事は2度と無く。

末長く夫婦は幸せに暮らしたという話。



自分か明日死ぬかもしれないという確率はゼロではない。

交通事故に遭うこともあれば、南海トラフ地震が起こるかもしれない。体が急に不調になるかもしれない。

自分はやりたいことできているのだろうか?

本当に食べたいものを食べているだろうか?自分の生命を大切に扱えているだろうか?

大切な人に感謝の気持ちを伝えられているだろうか?

そう思うと、今やるべきことは何なのかと真剣に考える。

妻や、生まれてくる子供、親、兄弟、出会えた仲間たちに「ありがとう」と感謝の思いが溢れてくる。

今生きている。

呼吸ができている。

当たり前のことにも感謝できる。

祖母の49日で実家に帰る飛行機の中でそんなことを思った。

あと何回、僕は父や母と会うことできるだろう。

今日は少し照れ臭いけど感謝を伝えてみようと思う。

とりあえず、飛行機が墜落しなくてよかった(笑)