管理栄養士の実際とヨガインストラクターのダイエット

管理栄養士の実際とヨガインストラクターのダイエット

こんばんは。毎度お久しぶりのMiuです。

今回は、ダイエットについてです。

管理栄養士兼ヨガインストラクターということで肩書きだけは、よく食事のことを知っているように思えますね。(笑)

でも、そんなこともなくて…

よく管理栄養士監修の食事とありますが、管理栄養士の学校で習うことは、健康維持の食事であり、ダイエットのためのノウハウなどはほとんど学びません。(わたしの学校ではそうでした)

カロリー計算の仕組みやどれくらいの割合で栄養素が必要なのかは知っていますが、どのくらいの総カロリーで1日過ごすべきとか、痩せやすい食事は何かなどはあまりやらないんですね。どちらかといえば、病院の献立や一般的に健康とされるBMI22を目指しての食事指導を学びます。

私の職業を見ると想像がつくかもしれませんが、私がヨガを始めたこと、管理栄養士になったこともダイエットがきっかけです。食べることが大好き、でもスタイルは維持したいそういった考えから今の私に至ります(笑)

パフェ
パフェに喜ぶ私

パフェ
スイーツがあればご機嫌な私

パフェ
気づけばパフェづくしな私…


ヨガインストラクターになったから、運動してるから、好きなだけ食べられるということはやはりありません。

インストラクターになり、ある程度は引き締まったのですが、まだ目標にはいかず、運動量に慣れ、食事量が増えたことで体重が増えた時期がありました。(今年の4月)

このままじゃいかん…とダイエットを決意。


そこで、やはり痩せるノウハウが知りたいと思い、食事のアドバイスもしてくれるパーソナルジムに通うことにしました。一度学べたら、一生継続できますもんね。

ある程度の栄養の知識は持っているため、たんぱく質や血糖値の話などは納得ができ、トレーナーさんも私の生活に合わせたものを提案してくれたので続けることができました。

外食で悩んだ時もトレーナーさんにラインで相談すると、臨機応変に対応策を提案してくれます。

ジム通いなので、もちろん筋トレもします。ただ週2回の30分のみ。有酸素運動をするよう言われることもなく、代謝を上げながら痩せやすい体をつくり、それをキープできるような生活にするのがそのジムのコンセプトでした。

私はその時期(4月~9月)お酒を飲んでいたので、週1回だけご褒美デイをつくり、好きなものが食べられるようにしてもらいました。最初の1ヶ月はご褒美デイは1食のみ、次の月は1日、次の月は2日間(土日)と少しずつゆるくなるスタイルでやりました。

最初は辛かったですよ~(笑)いきなり食事を変えるわけですし、大好きなお酒も週1回だけ…ご褒美デイはいつもギラギラしてました。

ご褒美デイ
ご褒美デイの私。ギラギラしてます(笑)


ストレスがたまらないか?というと、もちろんたまりました。食べたいわけではないのにご褒美デイだけだからと無理に食べてしまうのも嫌でしたし、人との付き合いの入れ方が難しかったですね。

ただ、体調は良くなるし、筋トレの効果もありボディラインも変わって、自分に自信が持てるようになりました。

ジム成果
before→after 肩周りとウエストの違いが分かります

before→after 重心の位置が変わりました!骨盤の傾きにも変化あり

ジム成果
before→after お尻の変化は周りの人にもよく気づいてもらえました


今の食事はその食事もベースにしながら、また違う学びがあったので、それもいれながらしています。前よりストレスフリーです。詳しい食事の内容については、次回の記事で書きます。

ダイエットに悩む方はとても多いと思いますが、言えることとしては、「まずやってみること」と思います。多くの方が言ってるようにある程度の期間を設けて継続すると結果が見えてきます。その期間があるからこそ、自分に合うのか合わないのかも分かります。

でも一人一人体は違うので、自分のライフスタイルに合っていることが一番。それを教えてくれたパーソナルのトレーナーさんにはとても感謝しています。

いろんな方法を模索して、あれこれ考えるより、まず「今何をするか」と「すぐに行動に移すこと」これが大事です。

私が読んだ仏教の本にも、過去の自分、未来の自分を考えて妄想するよりも今何をすべきかと書いてありました。落ち込んだり、期待する必要もなくて、目の前にあるものに取り組むことを教えてくれていますね。

そんなことを偉そうに言いつつ、私も今それを実践中です(笑)

日々の生活が練習です。