食事制限ではなく、食事改善をしての変化

食事制限ではなく、食事改善をしての変化

こんばんは、Miuです。


旦那がフリーで忙しいらしく、
妻が更新頻度をせっせと上げております(笑)



さてさて、今日は題名の通り食事改善のお話。
最近voicyというラジオアプリで
運動指導者の森拓郎さんや
管理栄養士の梅原祥太さんのお話を聞いていて、
必要なのは食事制限ではなく、
食事改善だなあと気づきました。

食事制限は栄養を考えずにカロリーを減らして
減量を目指すもの、
食事改善は食事内容を見直し、
必要な栄養を取り、余分な物を減らすこと。
食事改善は必ずしも減量とは限らない。

ダイエットは食事療法や食事改善のことで、
一生、幸せに食べられること。


そんな発信を聞くようになってから、
お菓子や甘いものを食べたくなっても
まず食事を摂ることを優先にして、
食事は減らさなくなりました。
もちろん食べる量が全体的に増えてしまうので、
減量にはならないけど必要な栄養は摂れる。

お菓子を食べると脂や糖質がたくさん入るから、
それを代謝するためのビタミンとかがさらに必要になる。
食べた量は増えたのに、より体は栄養不足になっちゃう。
だから体はさらに栄養を欲して食べたくなるという悪循環。


それを知ってから、
体重は増えるかもしれないけど
必要な栄養を摂るために
食事は減らさないことにした。
じゃないと体は栄養不足を悪化させていくと考えると
疲れとか肌荒れとか…想像つくよね。
体が粗悪な食品で侵されていくのが恐ろしいと思った(笑)


最近はアニメを見ながら常備菜を作るのが日課。
おかげで野菜もとりやすいし、
何か食べたくなった時に栄養のあるものが食べられる。
ごはんの準備時間が減ったのも楽ちん。



おかず5品、味噌汁、主菜、ごはん


こんな感じの定食スタイルのごはんが増えました。
昨日は最近頻繁なトンテキで、
めっちゃ幸せを感じた。



そうしていると
安いお菓子でこの空腹感を満たすなら、
お米がいい!とか
普通に定食たべたいとか
食事を優先にする気持ちが自然と出るようになった。

高校終わりから食事制限を始めて、
よくわからないネットの情報で進めてたから
お米やパンを食べるのはいつも罪悪感があった。
お菓子は許すのに変だよね。

今は三食、お米かパンを食べるようになった。
それに対して罪悪感もないし、
お米がより好きになって
間食でおにぎりとかめっちゃ幸せだと思う。

いつも我慢と思ってたけど、
今の食事の仕方はとても幸せで快適。




定番常備菜


今日、先輩に
「みうはいつもお弁当作ってて偉いなって思う」
って言われて、
昔はこうじゃなかったっていう話をしたんだよね。

外食大好きだし、
常備菜とか作ってなかったし、
家で食べるよりなら絶対飲み屋がよかった(笑)
お弁当よりもランチいきたいし、
家で朝ごはんより外でモーニングがよかった。
とりあえず外がよかった(笑)

だけど今は家のごはんに満足してて、
種類もたくさんあるし、
ヘルシーだから量多くてもいいし、
テレビ見ながらゆっくり食べられる。
それが気に入って外にごはん行こうって
言わなくなった。

ほんとにここ最近の話。

去年ジムのダイエットしてた時は、
家でのごはんは我慢食だったよ。(笑)




週末のご褒美♡



でもやっぱり甘いものは好きだから、
週末は割と好きに食べるし、金曜の夜はスイーツ食べてる。
一生続けるものだから、
ジャンクなものや甘いもの食べるのも
その人なりの(心の)バランスになると梅原さんは言ってた。

めっちゃ食べたい物を食べるか、
高めなスイーツにしたり、
テキトーに食べることがなくなった。

食べ過ぎると次の日のごはんがおいしく食べれないから、
暴食とかはなくなった。



この週末の食べるのがもう少し減ると
減量にはなりそうだけど、
今はこれが幸せだからバランスをみて
やれそうだったらやってみようかなって思ってる。


なんだか、
こんなにごはんに満足してるのは久しぶりで
とてもうれしー。


心も体も満足が大事なんだね。