アクロヨガ「柔軟性が足りないから無理」と諦めない

アクロヨガ「柔軟性が足りないから無理」と諦めない

先日、大阪のアクロヨギー達と神戸のイベントでパフォーマンスをしました。今回はいつもチームを組んでいる妻ではなく、ポールダンスとアクロヨガをしているMISATOさん。

当初は妻と出る予定でしたが、妊娠がわかり、スポッターなしのパフォーマンスはさすがに危険判断し、今回、僕らはでない予定でした。

そんなときに、たまたまMISATOさんのチームメンバーが忙しく練習の時間もとれなく出れなくなったと連絡があり、今回は僕と組んでもらうことになりました!

今回一緒に組んだMISATOさんは、JAMで練習したことはあるが、パフォーマンスを一緒にするのは初!

最初はやりづらいとか思われないかなぁ~と不安もありましたが、練習を重ねていくことで、お互いのタイミングや得意な動き、苦手な動きがわかるようになり、カバーしあえるようになりパフォーマンスは見事成功。
(どちらかというと、沢山カバーしてもらってましたが(笑))

指導してくれた、ゆり先生はお互いの得意、不得意を見極めパフォーマンスのシークエンスを作ってくれたので、細かい動きまで気を使えるまで練習ができました。

成功率が70%くらいだった動きも、バランスを崩した時の対応方法なども教えていただいたおかげで、ほぼ100%に近い成功率までもっていけました。

生徒の特長を捉え、できるように教える、ベースの柔軟性が足らなければ、それをフライヤーで補う、フライヤーのパワーが足らなければベースで補う技術を教える、いつもすごいなぁと思っています。

「柔軟性が足りないから無理、もっと体を柔らかくなってからやったほうがいい」と言われると正直やる気がなくなるし、アクロヨガを嫌いになるかもしれない。

でも相手のベースやフライヤーに頑張ってもらう。時にはスポッターの力を借りる。

アクロヨガジャパンの西浦りささんも「できないことなんてない、やり方がわからないだけ」と以前のワークショップでおっしゃってました。

できる方法は無数にある。それを探すというのもアクロヨガの魅力だし、それを教えれる先生に自分もなっていきたいです。

幸いなことに、めちゃくちゃ体も硬かったし、不器用な私だからこそ、教えられることも沢山あると思います(笑)

我々、夫婦アクロヨガを習っているゆり先生のクラスは下記です。よかったら一緒にアクロヨガしましょう!

HP:Yogaasis